読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤箱は夢を見る

ラノベやらゲームやら

Fate/strange Fake(1) 感想

Fate月姫を作ったTYPE-MOONが2008年のエイプリルフール企画で生みだしたものを、デュラララ!!バッカーノ!で知られる成田良悟が引き継ぎ書き上げたFate/strange Fakeを読んでみました

※ネタバレ注意

あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦――聖杯戦争。 日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドの地において次なる戦いが顕現する。 ――それは偽りだらけの聖杯戦争。 偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。 これが偽りの聖杯戦争であると知りながら――彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。 真偽などは彼岸の彼方。 聖杯ではなく――他でもない、彼ら自身の信念を通すために。 そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも――。

あらすじだけでも高ぶりますねぇ!…….そうです、私はFateオタクなんです(月姫やまほよはプレイしてないので型月オタクではないんです、機会があればプレイしたいんですけどね)

↓そして公開されているFate/starange FakeのPV

「Fate/strange Fake」PV - YouTube

今回もみんな大好き愉悦王英雄王のギルガメッシュが参戦し、さらにギルの唯一の盟友であるエルキドゥも参戦します。

個人的に気になっているのはそのエルキドゥのマスター。どうみてもオオカミにしか見えねえな….

そしてアサシンのサーヴァントですが毎度登場のハサン先生!…….ではなくてパッと見普通の女性。ハサン先生が出なかったのはやはり偽りの聖杯戦争だからなのか?

そして一番気になっているのはバーサーカーのクラスで召還されたジャック・ザ・リッパー。ここで一つ注意なのがFate外典にあたるFate/Apocryphaに出てくるジャックとは別者であるということ。最初ジャックと言えば切り裂き魔で有名なのでバイオレンスなものから召還されて、なかなかクレイジーなキャラかな?と思ったらゲームの特典のナイフで召還されるわサーヴァントらしからぬ常識人ぽかったりと面白いキャラです。今回の聖杯戦争では一番好きなキャラかな

今回の聖杯戦争で一番異例な存在になっているのはライダーでしょう。いやホントこんなもんまで呼び出されるってどうなってんのこの聖杯戦争….これはマスターたる繰丘椿を殺さない限りは死ななないぞ…..

もう読んだ人もここでは思わず「ファッ!?」となったでしょう。そうです、まさかの沙条綾香(反転で表示)登場ですよ。

あとがきによると彼女はFate/Prototypeの彼女とは別人で、どちらか言うと氷室の天地に出ている彼女に近いとのこと。さらにはあの蝉菜マンションの事件にも絡んでいるようで….

彼女が呼び出したのはセイバー。ただアーサー王ではないようですが宝具のルビに「エクスカリバー」の文字が…. ネット上の考察では「獅子心王リチャード一世」や「サー・ケイ」(反転で表示)の名前がよくあがっています。個人的には前者のセイバー説を推したい

総評☆☆☆☆☆

文句なしに面白いです。今回は各サーヴァント陣営紹介が半分を占めていましたが召還シーンだけで白飯3杯はイケます。(恍惚)

エルキドゥのおかげで今回の愉悦王は比較的ノリノリでドンパチしてます。ギルファンの皆さんは必見です。

大きく戦況動くのが2巻からになるはずです。ブログ主はライダー陣営とバーサーカー陣営の活躍を楽しみに待っています…………あああああああああああああああああ2巻早く発売されないかなあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

当ブログ『赤箱は夢を見る』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。