赤箱は夢を見る

ラノベやらゲームやら

大学

自分が所属してる学科には変わった教授が多い
プラスの意味ではなくマイナスの意味で、だ

偏屈な性格で頑固で多分サラリーマンとかでは上手くやっていけないんだろうなっていう人が沢山いる。
無論良い教授もいる。服装が奇抜でビックリしてしまうような格好をしてる教授でも、評価が公平だったり、アドバイスが的確だったり、しょうもないことでチャチャを入れたりしない出来た人間もいる。このことに関しては全くもって文句などない。

そもそも会社に入ったからって良い性格の人ばっかりって訳でもないが、まずロクな性格してない人はマトモな人間関係を作れずに、例え出世しても孤独な人生を歩むだろう。そういう事態に目に見えて陥入りそうな人が沢山いる。
そういう人のがうちの学科に多く集まっている。(電気系)
他にも色々学科はあるのだが、友達の話を聞く限り「◯◯教授が果てしなく鬱陶しい」などという愚痴を聞くことは少ない。うちの学科の連中はしょっちゅう教授の愚痴を言ってる。何故だ。何故ここまで人としてダメな教授が集まるんだ。

教授の性格に期待しなくともそもそも仕事が出来ない人もいる。テストの日程の連絡を試験日の3日目にするって一体何事や。テストの場所確保するくらいさっさとして連絡してくれ。テストの点が悪くなって再履修が増えて困るのはそっちだろ。(もちろんこっちも再履修は困る

という感じの愚痴&日記でした
毎日こういう風に日記的に書いて行くのも良いのかもしれない
教授連中にこのブログバレてないといいなあ

当ブログ『赤箱は夢を見る』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。