読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤箱は夢を見る

ラノベやらゲームやら

TitanFall2

発売しましたね。ローンチの感想書くにしてはかなり出遅れた感はあるけど、まあ気にしないでくれ。
まあゲームシステムとかこの記事に辿り着いてる人は調べ尽くしてると思うので割愛。

ゲームバランス
好印象、ではあるがトーンがぶっ壊れている。ローンチから2週間くらい経ってLTSで敵味方トーンだらけになったときには、流石に苦笑いするしかなかった。サルヴォコア空に撃って視界外から全弾ヒットで撃破とかほんま許さんぞ。あと、ノーススターの強化を頼む。この何にもなれない感じが哀れで仕方がない。

マップデザイン
外惑星以外はうまく作られていると感じている。外惑星は芋が大量発生するので好きではない。エデンは積極的にパルクールで移動できるし戦闘もアクロバットになるからしゅき....
合わせて、クロークの認知のしづらさがパない。ついでにディヴォージョンっていう、撃てば撃つほどレートが上がるLMGを芋が使ってる率が高い。芋は総じてクロークディヴォージョン。クソ芋に殺されたら顔真っ赤で殺しに行こうな。

人口
ローンチ早々人口の話するのも変な話である。
全体的にプレイヤーが少ないとかいう話ではなくて、ゲームモードによってプレイヤー数に差がありすぎる。日本鯖ばっかりプレイしてるからあんまり参考にならないかも知れないが、消耗戦、賞金稼ぎ、拠点増幅、LTSには人がいる印象。しかし未だに8vs8バラエティ、キャプチャーザフラッグでマッチングできた試しがない。消耗戦と賞金稼ぎやってる人が多すぎなんだよ!!!


プレイしてて感じるのはトーンの猛威とクローク芋の多さ。個人的にはクロークの弱体化を頼む。
なんか悪いことしか書いてないけど。このゲームのスピード感は他のゲームでは味わえない。未来系FPSやるなら是非TitanFall2をどうぞって感じ。あと、ロボットもの好きにはたまらんと思う。ノーススター雑魚だけど処刑モーションは1番カッコいい、抱いて!
キャンペーンのシナリオの出来の良さは特筆するものがある。
腹が減ったのでここまで


当ブログ『赤箱は夢を見る』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。